トヨタ3Sエンジンと壊れたコンロッド

EN | JP
英語の原文をお勧めします

Eugenio,77
mail@toyota-club.net
© Toyota-Club.Net
2016年5月


3S-FEエンジン生産開始(1986-2003)から30周年に捧げる...

「ビッグレビュー」で、私たちはふさわしいトヨタモーターの最も不愉快な特徴に触れました。これをさらに詳しく見てみましょう。



問題

エンジンが作動しているとき、1つのコネクティングロッドボルトの頭が折れ、次に2番目のボルトが折れ、クランクシャフトの回転と切断されたコンロッドが壊滅的なエンジンの破壊を引き起こします。多くの場合、コネクティングロッドはエンジンブロックを貫通します。したがって、ロシアの民間伝承用語の「友情の拳(手)」です。







写真:goo-net.comと車の所有者。


歴史

3S-FEの初期(1986-1991、1991-1996)でもコンロッドの破損を伴う発生が観察されましたが、ローカルの運転条件に起因する可能性のある「個人のケース」として認識されています。

不思議なことに、近代化された3S-FE(1996-2003)を搭載したより最近のモデルが国に到着した後、この失敗は「特徴」になりました。

そして、それは3S-FSEエンジンを搭載した車両にとって本当に大きな問題になりました。2003年にここで目にした最初の「爆発した」D-4、まあ、東のディーラーと修理業者は以前に気づいていました。


原因

一般的に、コンロッドの破損は、ピストンまたはベアリングの固着、オイルの品質、ガソリンの品質、冷却、運転モードなどを非難した結果として一般的に考えられていますが、先天的な設計上の欠陥については考えていません。

ただし、トヨタ3S-FE / 3S-FSEエンジンの場合、コンロッドロッドの強度不足が原因です。

第一に、エンジンのオーバーホール時にコンロッドボルトを規定トルクで締め付けた際にコンロッドボルトを割った人や、スペアパーツの販売店がそれを実現しました。



悲しいかな、部品番号は「悪い」ボルトを強調していません-13265-62030は問題の少ない2Sリビジョンの初期3S-FE(1990年代の初めから)だけでなく、問題の多い後期3S-FE(1996年以降)にも使用されました)また、13265-74030はすべての3S-FSEに使用されました。

したがって、失敗の可能性を減らすには、おそらく次のようにします。
-エンジンのオーバーホール時にボルトを再利用しないでください
-新しいボルトを指定されたトルクでしっかりと締めます

互換性についての小さなメモ。3S-FE付きの日本市場モデル(製造終了の2番目の改訂以降)では、「ネイティブ」の13265-62030ボルトを使用することが規定されています。3265-62030の代替として、13265-74030ボルト(3S-FSE用の純正)が3S-FEを備えたすべての海外市場のモデルに規定されています。


速報

3S-FSEの生産終了から11(!)年後、トヨタはいくつかの有用な情報を明らかにしました。リコール#2919(12.04.2012)について話している。



問題:コンロッドボルトの強度が不足している。劣化したエンジンオイル製品の影響で破損する場合があります。事故や火災の原因となるエンジンの故障につながります。

修正:すべてのコンロッドボルトを交換します。定期的なオイル交換の必要性を所有者に知らせます。固定車にペンキを塗る。

対象範囲:3S-FSEエンジン搭載モデル-ビスタ SV50 1998-2001、コロナ ST210 1996-2001、ナディア SXN10 1998-2001。合計約70,000台。


なぜこのキャンペーンはまったく知られるようになったのですか?欧米市場とは対照的に、国内メーカー向けに日本のメーカーのサービス速報を入手することは非常に困難です。しかし、この場合、欠陥は直接交通安全に影響を与える可能性があるため、トヨタは国土交通省の関与を得て公然と情報を公開しなければなりませんでした。

なぜ3S-FSEだけなのですか?はっきりしています。あらゆる点で、故障したエンジン3S-FSEは国内市場の一部の古いモデルでのみ利用可能であり、これらの車両の多くは(日本では)動作しておらず、リコールキャンペーンはそれほど大きくありません。3S-FEについては、15年間生産され、ヨーロッパやアメリカの市場(RAV4、カリーナE、アベンシスなど)に大量に供給されている数万台から数百万台の車について話しているわけではありません。長い間待つことができます。




トヨタエンジンレビュー
· AZ · MZ · NZ · SZ · ZZ · AR · GR · KR · NR · ZR · AD · GD · ND · VD · A25.M20 · F33 · G16 · M15 · T24 · V35 ·