トヨタ4WDレビュー(3)

EN | JP
英語の原文をお勧めします

Eugenio,77
mail@toyota-club.net
© Toyota-Club.Net
2004年2月〜2020年09月


パート1.最初は自動変速機付きのFFモデル
パート2.最初は自動変速機を備えたFRモデル
パート3.マニュアルトランスミッションを備えた初期のFFモデル


3.1. フルタイムの全輪駆動

3.1.1. デフロックタイプ

フルタイムの全輪駆動。センターディファレンシャル-対称かさ歯車(フロント/リアトルク配分50/50)、強制メカニカルロック。

「C.DIFF LOCK」ボタンを押すと、VSVがアクティブになり、空気圧アクチュエータに真空が供給され、次に、差動ロック制御ロッドがシフトします。ロッドが正常に移動し、デフがロックされると、検出スイッチがオンになり、コンビネーションメーターの対応するインジケーターが点灯します。場合によっては、プルタイプのスイッチが設置されていました。




一方で、これは100%のロックを取得する唯一の方法です。一方で、これはいくつかの制限を課し、ドライバーの注意を必要とします。1時間以上または60 km / h以上の運転は推奨されません。ロックされたディファレンシャル、ロックはスリップ中に直接アクティブにすることはできません...

このスキームはABSなしのモデルで使用され、2000年代の初めまでに徐々に姿を消しました。

モデルトランスミッション
カローラ/スプリンター 901987-1991E55F5+EF2A
カローラ/スプリンター 1001991-2002E55F5+EF2A
カローラ/スプリンター 1101995-05.1997EF55F5+EF2A
カローラ 110 LHD1997-2001EF55F5+EF2A
スプリンターカリブ 951990-1995E57F5+EF2A
スプリンターカリブ 1101995-05.1996E55F5+EF2A
カリーナ 1701988-1992E55F5+EF2A
コロナ 1701988-1992E55F5+EF2A
カムリ/ビスタ 201988-1990E55F5+EF2A
RAV4 101994-2000E250F

カリブコミュニティの注意事項:

•カローラ/スプリンターファミリー(90-100-110)のすべてのJDMモデルでは、全輪駆動はフルタイムで、センターディファレンシャル(対称ベベル、トルク配分50:50)でした。ロックの方法には基本的な違いがありました。
(1)自動変速機(1988-2002)-油圧機械式クラッチによる自動ロック(C.Diff Auto "with button"、詳細説明)
((2)ABSなしのマニュアルトランスミッション(1988-1996)-強制機械式ハードロック(C.Diffロック)
(3)ABS付きマニュアルトランスミッション(1990-2002)-ビスカスカップリングによる自動「ソフト」ロック

•カローラ90-100-110のセンターディファレンシャルロックカップリングを、カローラ120-140などのリアドライブV-フレックスカップリングと混同しないでください。

•メインデフロック機構の以前のモデルで使用されていたロッド付きのサービススリーブを誤って受け入れないでください。マニュアルトランスミッションとセンターデフにビスカスカップリングを備えたモデルでは、このようなスリーブにより3つのモードを選択できるようになりました-メイン操作モード、フリーディファレンシャルのサービスモード(ビスカスカップリングは操作から除外されます)、FWDサービスモード(後輪駆動は完全に無効になります)。オートマチックトランスミッション付きのモデルでは、2つのモードが提供されました-強制ロックのメイン操作モードとサービスモード(油圧機械カップリングに関係なく、センターデフのハードロック)。サービスモードは、ワークショップの特定の制御操作にのみ使用できます。

•1988-1990年にマニュアルトランスミッションを搭載したスプリンターカリブ AE95の場合、C.DiffLockメカニカルロックのみが提供されました(MT E57F5)。1990年に、オプションのABSがカローラファミリー車に最初に登場しました-何らかの理由でハードロックと相互作用できなかったため、ABSを備えたバージョンでは、センターデフ(MT E57F)にビスカスカップリングが装備され始めました。両方のバージョンは、1995年まで並行して作成されました。

•1995-1996年に手動変速機を備えたスプリンターカリブAE114..115の場合、2つのオプションが提供されました-機械式強制ロック付きのABSなし(MT E55F5、E59F)またはABSとビスカスカップリング付き(MT E55F、E59F)。その後、日本ではすべての改造でABSの存在が義務付けられたため、1996年5月から2002年まで、ビスカスカップリングバージョンのみが生産されました。手動変速機と4WDを備えたLHDカローラワゴンAE115は、1997年から2001年に両方のバージョンで並行して生産されました(ABSを備えたバージョンではE55F、ABSが必須の装置ではない市場ではE55F5)。

3.1.2. ビスクタイプ

フルタイムの全輪駆動。センターディファレンシャル-対称かさ歯車(フロント/リアトルク配分50/50)、ロック-ビスカスカップリング。

後で、ABSの実装により、AT / CVTモデルのV-flexと同様に、最も一般的なバージョンがクローズドタイプのビスカスカップリングによる自動ロック付きで登場しました。

フロントとセンターのディファレンシャルビスカスカップリングは4WDの設計を簡素化しましたが、応答の遅延と完全なロックの欠如により、オフロードの能力に悪影響を及ぼしました。



モデルトランスミッション
カローラ/スプリンター 901987-1991E55F,E59F+EF2AV
カローラ/スプリンター 1001991-2002E55F,E59F+EF2AV
カローラ/スプリンター 1101995-2000EF55F,E59F+EF2AV
スプリンターカリブ 951990-1995E57F+EF2AV
スプリンターカリブ 1101995-2002E55F,E59F+EF2AV
カリーナ 1701990-1992E55F+EF2AV
カリーナ 1901992-1996E56F,E57F+EF2AV
カリーナ 2101996-08.1998E56F,E57F+EF2AV
コロナ 1701989-1992E55F+EF2AV
コロナ 1901992-1996E56F,E57F+EF2AV
コロナ 2101996-12.1997E56F,E57F+EF2AV
カルディナ 1901992-2002E56F,E57F+EF2AV
カルディナ 215W1997-2002E150F
カリーナED 2051993-1998E56F+EF2AV
コロナエクシブ 2051993-1998E56F+EF2AV
セリカ 1851989-1993E150F,E151F,E152F
セリカ 2051993-1999E154F
カムリ/ビスタ 201988-1990E56F2+EF2AV
カムリ/ビスタ 301990-1994E56F2+EF2AV
カムリ/ビスタ 401994-1998E59F+EF2AV
RAV4 202000-2005E352F



3.2. 選択可能な全輪駆動

3.2.1. V-フレックスI


基本的な前輪駆動、センターディファレンシャルなし、後輪はビスカスカップリングを介して接続されています。

シリコーンオイルとのカップリングは、中間プロペラシャフトの2つの部分を接続し、前輪に大きなスリップが発生したときに作動します。

モデルトランスミッション
スターレット 80,901989-1999C50F+CF1A
ターセル 40,501990-1999C50F+CF1A
ヴィッツ/プラッツ 10,201999-2005C50F+CF1A
プロボックス/サクシード 502002-2014C50F+CF1A

3.2.2. V-フレックスII


基本的な前輪駆動、センターディファレンシャルなし、後輪はビスカスカップリングを介して接続されています。

シリコーンオイルを充填したカップリングは、プロペラシャフトをリアディファレンシャルの入力シャフトに接続し、前輪に大きなスリップが発生したときに作動します。

モデルトランスミッション
カリーナ 21008.1998-2001S55F+EF2A
コロナ 21012.1997-2001S55F+EF2A
カルディナ 215G1997-2002S55F+EF2A, rear Torsen (GT)

3.2.3. ATC


基本的な前輪駆動、センターディファレンシャルなし、後輪はマルチプレート電気機械カップリングを介して接続されています。

カップリングはプロペラシャフトをリアディファレンシャルの入力シャフトに接続します。ほとんどの場合、車は前輪駆動のままですが、必要に応じて、制御システムは後輪に伝達されるトルクの目標値を自動的に維持します(詳細は、「ATCカップリング」)。)
モデルトランスミッション
RAV4 302006-2012E352F,E359F,EA64F,EB61F
RAV4 402012-2018EB61F,EB64F
アーバンクルーザー1102009-2014EC65F

3.2.3.1. GR-FOUR

本的な前輪駆動、センターディファレンシャルなし、後輪はマルチプレート電気機械カップリングを介して接続されています。 オプションのリアおよびフロントトルセンデファレンシャル。 ドライブモードダイヤルスイッチは、最大クラッチロックグレードを設定します。

しかし、新しい「アクティブトルクスプリット」は、車軸間の幅広いトルク配分を提供し、デマであることが判明しました。


実際、すべてが非常に原始的です。後輪駆動のギア比は、前輪駆動のギア比よりもわずかに小さくなっています(最大1%)。 カップリングがほぼロックされている場合、後輪は前輪よりも速く回転する傾向があり、トルクの不均等な分配を伴う機械式差動装置の効果を生み出します。 もちろん、プレスリリースで言及されているすべての比率(100:0、60:40、30:70、20:80、0:100)は純粋に仮説であり、特定の時間および特定のホイール牽引条件下で恣意的に発生します。 。

また、「イノベーション」については、ギア比が異なる同様のスキームが2015年のフォードフォーカスRSに登場し、その原理自体は少なくとも1970年代のアメリカのSUVの時代から存在していました。

モデルトランスミッション
GR ヤリス2020-..-





トヨタ車の4WDレビュー
· ATC/DTC · V-Flex · DTV · i-Four · Torsen · E-Four ·
· C.Diff Auto A241H / A540H · C.Diff Lock · C.Diff Visc · FT-Visc ·